上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.30 何に見える?
昨日のふきのとうを見つけたときにいっしょにに収めました。


何かに見つめられているような・・・。

IMG_kao-2.jpg


馬のような

最後に極めつけ
さて、羊が何匹隠れているでしょうか?

IMG_kao.jpg


それにしてもこの木の芽、似てるわ。
スポンサーサイト
2008.03.29 春のおとづれ
今朝河川敷をワンコたちと散歩していると
「ふきのとう」がこっそりと顔を出していました。

IMG_fukinotou.jpg


近くを探すと3~5個見つけました。
春の恵みなどと勝手に思い込みながら、採りました。

夕飯の食卓に”ふきのとうのてんぷら”をいただきました。
いやぁ~。おいしかった

毎月末になると「月間しゅん」が家に届きます。

十勝の情報誌で毎月楽しみにしています。
4月号の特集では「発見! とかちのNo.1」と題して
十勝の中の日本一・オンリーワンを探せ という記事が載っていました。
ここで、十勝の中の日本一がこんなに沢山あることに驚きました。

その中から少し紹介すると・・・。

世界でここだけ!「ばんえいけいば
約1700ヘクタール!日本で一番広い公共牧場 ”ナイタイ高原牧場
●日本でひとつだけのサンタランド ”ひろおサンタランド”
●日本でいちばん小さいミニホース ”ムーミン牧場”
●さすが農家一戸あたりの経営耕地面積日本一 
  更別村の総面積の70%が耕地。247戸、一戸あたりのの平均面積は43.5ha。 余談ですが、一戸  あたりのトラクター所有台数も日本のトップクラスだそうです。
  2005年にはなんと一戸あたり平均4.4台も所有しているんだって。
●芽室町には敷地面積日本一の中学校まであります。
  公式のスケート大会を開かれるくらい大きなメイングランドがあります。ほかに野球場、芝のサッカ  ー場、テニス場、アイスホッケーリンクとそれぞれ専用のグランドがあるらしい。ちなみに11.4haも   の敷地面積です。

ほかにもいっぱい日本一があるようです。
とっても素敵な十勝です。

今朝は少し肌寒く感じられました。

春もそこまで

木の芽も出てきました。

IMG_0011-1.jpg
2008.03.25 あっついよぅ
本日の天気。
帯広では16.9℃まで上昇。

去年の今頃は、ダウンを着てたくらい寒かったと覚えてる。
今年は汗ばむくらいの気温上昇です。
まだ3月でっせ



今日の日高山脈。

CIMG323.jpg


くっきりと見えました。
物凄く近くに見えます。
2008.03.20 戻り寒波
昨日今日と一昨日までとは打って変わって、寒さがぶり返しました。
「寒いッー」体が春モードになっていたためブルブルです。
日差しも射さずどんより曇った天気でした。

これが例年通り?
もう少し完全な春にはもう一歩です。
帯広では連日気温が10℃を超えています。
4月中旬の暖かさ。

でも土の中はというと、

白いのが氷です

20cmくらい掘ると凍っています。

土の中はまだまだ春が遠いようです。

2008.03.18 ばんえい競馬
帯広には世界唯一の”ばんえい競馬”があります。

去年に続き、今年も帯広競馬場へ出走

昨年の様子はこちらへ

今回は関西から来た次男を連れて

CIMGbanei-1.jpg


まじかで見れるのはとっても迫力がありまっせ。

CIMGbanei-2.jpg


スーパーでこんなお菓子を見つけました。

やめられないとまらない


じゃじゃ~ん


北海道限定?それとも〇ーソ△限定?

北海道らしく?チョコでコーティングが施された逸品です。

後味がほのかに塩味です


始めはチョコの甘さ、あとでかっぱえびせん本来のエビ風味がお口の中に広がります。

帯広にはかの有名なロイズのポテトチップチョコレートあります。
チョコかりんとうなるものまであって、チョコに関連したお菓子が沢山。
その中でどれだけのパフォーマンスを発揮できるか楽しみです。

相変わらず甘いものにはがありません。
冬の間で付いた余計な肉を運動で落としましょう。

北海道銘菓 日本一きびだんごを見つけました。
きびだんごといえば岡山のきびだんごしか知りませんでしたので、です。

きびだんごといえばまぁ~るい形しか知らない私たちにとって、とても新鮮に映ります。
岡山の餅粉やきび粉を主原料とした「吉備団子」とは異質なものらしい。
北海道の「きびだんご」は、北海道開拓にあたった屯田兵の携帯食に由来したもよう。、
それを「起備団合」と名づけ、災害時に携帯できる非常食として発案したらしい。
なので、北海道で生まれた独自のお菓子との事。 


日本一きびだんご


しっかり、モモ太郎の絵が描かれています。
原材料は砂糖、水飴、小麦粉、もち粉、あん、澱粉
しっかりとした粘りと歯ごたえがあります。

株式会社 天狗堂宝船さんのお菓子でした。
2月のあたまに行った「然別湖コタン」に再度行ってきました。
今回は士幌経由でR274をただひたすら直進

真っ直ぐな道

なんと12~3Kmも直線道路が続いてました。
アップダウンはあるものの、ただただ、真っ直ぐ。

とってもいい天気で帯広は11℃を超えていた様子。
IMG_309-1.jpg

然別湖の手前の道からの景観もきれいでした。

IMG_309-2.jpg

IMG_309-3.jpg

まだまだ然別湖の氷は健在でした。
次男が北海道に来たその日(5日)に帯広の屋台に行ってきましたよ。
こちらには数回お邪魔しているのですが、その日はブラジル料理をご馳走して頂ける”オブリガータ”さんへ行ってきました。
北の屋台

オブリガーダ(女性が言うありがとう)


まずはブラジル産のパッションフルーツの”マラクジャ”で喉を潤して。

私は下戸なので、アルコールは入れません。
通常、これに40度のアルコールをいれるらしい。

北の屋台は十勝の食材を使った料理がメインの屋台です。
で、池田牛を焼いてもらいました。

大きなお肉だこと

IMG_niku1.jpg

丁度、半分食べたところです。
手前のお皿の”たれ”というかドレッシングのような?
これにお肉をつけて食べるのがブラジル流とか。
酸味があっていくらでもお肉が食べられます。
とっても美味しかったよ~。
ペロリと平らげました。
関西に帰ると必ず勝手帰るお菓子があります。
姫路ではとっても有名な「御座候の回転焼き」です。
しかも赤あんの小豆と白あんのてぼうはともに十勝産なんです。

3月1日から5日まで帰っていました。
5日の日に○オンに寄って”あつあつの回転焼き、あか10個としろ10個ください。”

御座候のお店です。


どのお店も実演販売で見ていてあきないんです。
職人さんの素早い手さばきにいつもながら関心していると
手際良くあんを均等に並べてゆきます


「はい出来上がりました。」と店員さん。

出来上がったばかりの回転焼きを持って北海道へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。