上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところやけに黄色が目に入ってきます。
”たんぽぽ”が群生していて土手や公園の芝が一面黄色の絨毯と化しています。
おそらく外来種のセイヨウタンポポと思われますが、とにかくこの季節、景色は黄色に染まります。
のちに白くなり種子が風に飛ばされ広がって行くのでしょうか。

IMG_tanpopo.jpg


昨日病院に行き、今日から仕事に復帰です。
スポンサーサイト
2008.05.27 ダウンです。
二、三日前からのどが痛い状態でした。
それがついに頭痛も加わりダウンです。
昨夜は風邪薬を飲んで6時から延々と朝まで眠りに入っていました。
普段、熱が出ない人でかつ、平熱も低いので37.2度は少々しんどい状態です。
午前中も眠りに入り、ようやくちょっと元気になってきましたよ。
まあ、食欲だけは普段通りあるのですぐに良くなるでしょう。

今日も雨です。
カラッとしたの日が続きません。
今日は一日ゆっくりと休むことにします。
トラクターで攪拌させた後の様子です。

IMG_hatake21.jpg


IMG_0075.jpg

月曜、火曜と雨が降り大荒れの天候でした。
昨日は休みだったのですが、2日間の雨のため畑を触ることが出来ませんでした。
そこで、本日の夕方に畑に石灰と有機肥料を蒔く事に。

石灰は酸性土壌を中和改良する働きをもっており、消毒の役目や水はけや通気性が良くなる働きをします。酸素を含んだ新鮮な空気を土の中へと導くのです。

石灰と肥料をまんべんなく畑に蒔いてその後トラクターで攪拌をしました。

いよいよ本格的に豊作への道が開けてきましたよ。
この前”二階ネギ”を紹介しましたが、やっと二階部分が出来てきました。
この白い袋状から根が出てくるまで後一歩です。

IMG_nikainegi.jpg


ひとつの株から数個の子供たちが現れています。

こちらももう一歩です。
チューリップです。

IMG_chu.jpg
思わず誰かに似てるって思いました。
う~ん。誰だったかな?

そうそう、○ンプソン一家の大黒柱”ホーマー”に・・・。

CIMGsinpuson-1.jpg


実はトラクター「JOHN DEERE」のフロントをUPしたものです。

全体像はこれ
CIMGsinpuson-2.jpg


両サイドに伸びているアームは、水などを散布するスプレイヤーを取り付けた姿です。
この写真は折りたたんだ状態なので散布する時は鳥のように翼を広げた格好になります。
このところ朝早く目が覚めることが多い。
外を見るとあたりは明るい状態です。
太陽がすでにこんな上まで昇っています。

IMG_4ji30.jpg

5時20分に撮った太陽の位置です。

で最近は朝にちょっと家庭菜園の畑をのぞいています。
仕事が終わってから家庭菜園の畑に文明の利器を入れました。
チョット前に挑戦したのですがなかなかエンジンが掛からなくて。
コツを教えて頂いて再チャレンジ

IMG_patapata.jpg


ターンとギアチェンジロータリーのオンオフも昨日教わりました。
で、作業開始です。

なかなか順調に進んでます。

IMG_patapata-2.jpg


右ターンです。

IMG_patapata-1.jpg

結構力が要るものです。
体に伝わる振動がまさに土を耕してるって感じでいいですねぇ。


豊作へ一歩近づいたでしょうか?。
久しぶりにサンサンです。
そのおかげで今までおとなしくしていた”アスパラ”たちがグングン伸びだしました。
その伸びときたら半端ねえ。

でこんなにすばらしく太ぉ~いのがワンサと収穫出来ました。

IMG_asuparatokudai.jpg


一本の重さも68gと3L以上!

CIMGasupara68g.jpg


朝採りにみんなで頑張って一本一本、収穫しています。
仕事で日新にある畑に行きました。
今日は汗ばむくらいの暑さでしたが時折、雲が上空を覆い今にも雨が降りそうな気配に。

hidaka515-1.jpg

そうこうしていると晴れ間が出てきました。

hidaka.jpg


日新からの景色はやっぱり最高ですね。
この季節になるとやっかいな雑草が顔を出してきます。
スギナとギシギシです。
特にスギナはどうしようもなくて地中深く縦横無尽に根のネットワークを張り巡らしています。
対処は「う~ん」、一度土を深く掘り起せばいいのでしょうがこのまま放っておくしか手はないか。

ギシギシもやっかいな雑草で、根ッコが深くスコップで根ごと掘り起こすしかありません。
この2種のほかにタンポポも自生していてこれもやっかい。
黄色い花を咲かせて綺麗なのですが、綿毛の種子で増えて行く?
庭の芝生化計画は頓挫しそうです。
このところ十勝は冬に戻ったごとく気温が上がりません。
苗の育成に少なからずも影響が?
とういことで、カミさんがなりやらコツコツと。
どうやら小さいビニールハウスを作っている様子。
黙々と作業に取り掛かっています。
しばらくすると・・・。

CIMGbiniruhouse.jpg

完成です。
パオパオをかけていたトマトたちの苗をミニハウスに入れました。
花のたねを植えたプランターも一緒に。

実はまだハウスができていないので・・・。
もう少し苗が大きくなるまでミニハウスで我慢してくださいな。

今日は母の日
関西に住んでいる子供からのサプライズ

CIMGhahanohi-1.jpg


お花のようです。

IMG_hahanohi-2.jpg


かわいいうさぎさんの鉢植えでした。
我が子ながら泣けますな。

元気にしてるかな?
2008.05.10 季節は冬に
昨日、今日と気温がとても低く、今朝は霜が降りていないか心配でした。

この前の連続した夏日はどうしたのか?というくらい寒いです。
体がすでに夏モードになりつつあったのに、この寒さです。
真冬の温度設定よりも高くストーブを点けてしまいました。
暑さに向けてモード変更したのにこの寒さに対応するのは大変です。
ここ数日はこんな状態の天候みたいです。

野菜たちも小休止ってところでしょうか。
充分休んで沢山収穫できるよう頑張って欲しいものですね。


今年もアスパラの収穫が始まりました。
毎朝、3箇所の畑のアスパラを採るのですが、ちょっとオーバーかもしれませんが畝の向こう側が見えないくらい長い畑なのです。
ベテランの人は目で見てアスパラの長さを判断してカットしてゆくのですが、慣れないと短く切ってしまいます。そこで秘密兵器の登場です。
25cmくらいに伸びたアスパラをカットするわけですが、

CIMGasupara5-8.jpg

アンテナ状のスケールがハサミに取り付けられており、長さを判断してカットしてゆきます。

これを繰り返して早く一目見て判断出来るようにしたいですね。

ちなみに、雨が降った翌日が晴れて気温が上昇すると想像出来ないくらい伸びるんです。

今日はお休みです。
近くの日新の丘に行ってきました。
途中の道の風景は”これぞ北海道!!”
という、とても雄大で畑が遠くの向こうまで続いているのですよ。
小麦の緑が濃くなってきており、ビート(’砂糖大根または甜菜)の苗も先日の雨でシャキっとたってます。

GW前から11日まで「日新の丘」は入園無料でした。

CIMGnissinnooka.jpg

ここからの眺めは最高です。
日高山脈が近くに見え、帯広の市街地を眼下にする丘に位置している場所です。

その後、帯広の某お店でカミさんと私の両母へのプレゼントを購入。
午後家に帰りゆっくりとしました。
そこで発見・・・、
なかなか出てこなかったトマトの芽が現れました。

スナックえんどうはとっくに芽が出てこんなに大きくなっています。

IMG_endou-2.jpg


少し寒い日に外に出したのがいけなかったようで、のちにパオパオをかけて対処していました。

パオパオ:寒さや霜、病気から守る働きをするもの。
      適度な光線量と通水、通気、保湿性によって、優れた発芽効果と育成効果が得られます。


フルーツトマトの芽が出てきました。


苗が大きくなると定植へと作業は進みます。

それは暫くお待ちを・・・。
今日の私の仕事です。

トマトの苗が順調に育ってそろそろ定植の時期となったようです。
そのため午後からハウスの畝にマルチを張る作業をしました。

お世話になっている農園はイチゴ園も併設しており11ものハウスが整然と並んでいます。
その中で最も長い90mのハウスでの作業です。
080505.jpg

3つの畝にマルチを張り終えた状態です。
まず灌水チューブを畝の中央に据付ます。
写真で見れるようなとても長い畝なので相当長い灌水チューブが必要です。
「灌水」とは土にたっぷりと水を与えることです。

マルチをすることにより・畝の水分を保つ
              ・地温の調節を行う
などの働きをします。
きれいに並んだ穴にりっぱに成長したトマトの苗を植えてゆくのですよ。
この作業は後日に・・・。

カミさんはこのところの好天気でアスパラの収穫が早まり、朝採りのアスパラの選別作業に追われています。アスパラ選別機で重量選別されたものを容を見て仕分けする仕事です。
がんばれッ
昨日の夕方は一輪だけ咲いていた「水仙」が今朝見るといっせいに咲いていました。

IMG_suisen-1.jpg


チューリップはというと

IMG_080504chu.jpg

蕾、硬しってところでしょうか。

今日は昨日と打って変わってとても寒く、同じ5月とは思えないくらいでした。
夕方には吐息が白くなっていたのには驚きです。
ビートの定植も終わり、畑仕事は「ジャガイモの植え付け」真っ只中

ジャガイモの種芋を畑に植える前に土を耕す作業(ロータリーがけ)を今日初体験しました。

トラクターにはこれまで何度と無く乗っていましたが、畑の中に乗り入れるのは今日が初めてです。

PTO(Power take-off)動力取り出し装置のレバーやアタッチメントの上げ下げのレバーを確認。
まずPTOレバーを入れロータリー刃に動力を伝え回転させます。
次にロータリーAssyを下げ土の中に挿入させます。
ギアを前進に入れてクラッチを放します。
すると負荷を受けながらも力強く前へと進んでゆくのです。

なかなか真っ直ぐには進みません。
後ろを振り向くと所々ふらついたあとがあります。
2往復くらいしてはたと気づく。
遠くに目標を自分で決め、それに向かって進むとなかなかどうして、直進してるやん。

次の難関はターンでした。
これも経験です。
何度と無くUターンを繰り返すうちにコツをつかみました。
片足ブレーキの効きのよさにびっくりです。
片方の後輪を支点に円を描くように方向転換できるのですよ。
でもまだまだです。
回数をこなして行かないと一人前には程遠い道のりです。

080503_rotary.jpg

こうしてみると結構真っ直ぐになっていると思いません?

今日は25度近くまで上昇してので日差しはもう暑かったですが、風が吹いていたので快適なロータリー日和でした。
一応ハウスの土台というか骨組み?を置いてみました。
結構な大きさのようです。
IMG_hatake-3.jpg



ようやく八分くらいが耕せました。

朝晩少しずつですが頑張ってみます。
本日の仕事が終わった夕方から家庭菜園に。
カミさんがポットに色んな野菜の種を植えていて、
芽が出だしたのでこりゃ大
畑を耕さないと苗を植えることが出来ません。

というわけで、今日から畑の鍬入れをスタートしました。
機械で耕せば楽だけど、とりあえずは人力でやることから
始めました。
CIM51-1.jpg


今年はビニールハウスを建てるので東西にうねをきってゆこうと思います。
手ごわい雑草たちの抵抗に会いながらも、半分くらい耕せました。

これから色んな野菜の生長を伝えて行きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。