上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜テレビを見ていたら、なにやらお知らせのチャイム。
あまり気にせずに見ていたので、高速道が通行止めのようです。
事故かはたまた凍結かと思いつつ、違う番組を見ていました。
すると・・・。

IMG_osirase.jpg

なんと鹿が高速道に侵入した模様。
へぇ~、こんな事もあるんですね。
驚きです。でも、鹿と車がぶつかれば、大変な事故になるので
的確な処置なんでしょうね。
スポンサーサイト
我が菜園で採れた金時いも。
蒸かして食べましたが、今回は焼き芋に。

お借りしてきました。焼き芋器。
ガスレンジの上に乗っけて、芋を入れておくだけ。
我が家のお芋は大きすぎるので、手で折ってから入れました。


IMG_oimo.jpg

ほくほくの焼き芋が完成です。
やっぱり、焼き芋にすると甘さが増してくるのが不思議。

今回は珍しいほうれん草を紹介します。
通常、ほうれん草は水菜のように地面から上に育っていきます。

ではこれは?

IMG_chijimi.jpg

上に伸びず地を這うように育っています。
コレはちぢみほうれん草といって、冬の寒さにさらす「寒じめ栽培」という方法で
育てられている為、厚めの葉の表面に縮んだようなシワが入ります。それで「
ちぢみほうれん草」と呼ばれるようです。

昼と夜の寒暖の差が大きい地域で栽培されているようですが、寒さでぎゅっと
葉が引き締められ、甘味が凝縮されるので、糖度が普通のほうれん草に比べ
とっても高い野菜です。おひたしにすると本当に甘さが感じられ美味しく頂けます。
また、アクが比較的少ないので、スープやお味噌汁にも入れていただけます。

店頭で見かけたら是非、お試し下さい。


十勝の畑では夏といわず、秋にかけても黄色い絨毯と化した
畑に遭遇することは珍しくない。
ただ、ひまわりの顔とゆうべき?大輪は小さく、大きく育つ前に
刈り取られてしまう。そう、ひまわりは緑肥として畑に植えられ
ているのです。
緑肥(りょくひ)とは、栽培している植物を、収穫せずにそのまま
畑にすきこみ、(植物と土を一緒にして耕し)後から栽培する作
物の肥料にすること、またはそのための植物のことです。 
ひまわりの他には、クローバーが知られています。

IMG_himawari1.jpg

IMG_himawari.jpg

この時期、収穫が終わった土色の畑や、秋まき小麦が目を出し、緑に
なった畑とのコントラストが美しい。 この畑も一瞬ですきこまれ、土いろに
なってしまうんだろうなあ。


今日、収穫が終わったじゃがいも畑を見ているとなにやら果実のような
物が沢山あるのを発見初めて見るものです。


IMG_1023-2.jpg

聞くところによると、これはジャガイモの果実らしい。
熟するといい香りがするが、食べるのには適していないとか。

IMG_1023-3.jpg

リンゴを小さくしたような形状です。

さて、私達が食べているジャガイモの部分はどの部位?

それは「塊茎」という一種の地下茎で、サツマイモは「塊根」、つまり
根が肥大したものです。余談ですが、フランス語では「大地のりんご」
と言う名で呼ばれているそうです。コレはでんぷん質いがいにもビタミ
ン類やカリウムなどを豊富に含んでいることからきているそうです。

これから北海道の新ジャガの季節。寒くなるのでシチューは絶対欠か
せない献立です。十勝のスーパーでは関西でも売られている「男爵」
や「メークイン」は勿論ですが、「北あかり」や「レッドムーン」等、北海道
ならではの品種が手に入ります。それぞれの特色を生かした頂き方で
食するのがシ・ア・ワ・セ・ですね。








今朝は少し早起きして、早く出勤。
すると道中、白い物体を発見。
おそらく丹頂と思い車を停めた。
抜き足、差し足、忍び足と音を立てずに近づいた。

IMG_1022-1.jpg

IMG_1022-2.jpg

こんなに近くで野生の丹頂を見たことがありません。

IMG_tancho1.jpg

おそらく真ん中は子供かな?

この辺りで留まっておこう。

早起きのご褒美といったところでしょうか。





十勝での冬の風物詩、製糖工場から舞い上がる湯気。
その原料となるビートの収穫が始まりました。
たいていの農家さんはビートが終わると一年の仕事が終わるようで
最後の追い込みで頑張っておられます。

IMG_0765.jpg


車の渋滞は無いが、ビートを満載したトラックの渋滞が発生するのも
十勝ならではの光景といわれているようです。

トラックで運搬されるまでこの様な山が畑に現れます。

IMG_0737.jpg





 
... 続きを読む
十勝の山々や並木道の木々が紅葉真っ盛り。

IMG_kouyou.jpg

小高い山の上に聳え立つホテルです。

IMG_kouyou1.jpg


今年の北海道は長雨が続き、日照時間も少なかったので
心配していました。しかし、取り越し苦労、立派な鳴門金時
が収穫出来ました。

IMG_0726.jpg

北海道でもちゃんとサツマイモが栽培できるのですよ。
そうそう、今年から帯広の大正と言いう地区で、本格的
にサツマイモの栽培が行なわれました。
 今日の夕刊に収穫の様子が載っていましたが、ジャガイモ
の前年に作付けすると、感染症を抑える効果があると書かれ
ていました。スイーツ王国十勝のまさにスイーツの材料など、
将来の特産品候補として期待されているとも・・・。

さてどんな料理で戴こうかな?てんぷらもいいし、大学芋、
はたまた、定番の石焼芋ってのはどうでしょうかねぇ。

我が家のワンコもよだれを垂らして?欲しがってます。

IMG_syuukakiimo1.jpg


猿別川にあるサケの捕獲場に行ってきました。
なにやら団体さんが大勢いらしてる。

IMG_0704.jpg

生憎、捕獲はお休み中で、仕方なく川面に見えるサケを観察。
飛び跳ねてるのが見えます。肉眼でははっきりとサケを確認できました。

IMG_0705.jpg

IMG_0710.jpg

ここから遡上するサケを捕獲するようです。

IMG_0711.jpg
IMG_0713.jpg

今朝捕ったサケのようです。
しかし、ここではタマゴ(筋子)を採取する目的でサケを捕っているようです。
しかし、すごい顔をしていますな。

国道38号を帯広から池田方面へ、猿別川の橋を渡って2個目の信号を左折して
道なりに進んでいくと標識が出ています。
幕別町浄化センターの先に駐車場があります。


2009.10.12 初氷。
今朝の十勝管内は軒並み氷点下。
しばれフェスティバルで有名な「陸別」では氷点下3度。
幕別町も寒かった。
ワンコの水入れにうっすらと氷が張りました。

IMG_0700.jpg

IMG_0701.jpg

こんな日は空気が澄んで、青空が広がっています。

十勝ならではの光景が見られます。

IMG_0703.jpg

全国の気球野郎たちが十勝に、夏と冬にやってきます。
上士幌町で行なわれる、「熱気球とバルーンフェスティバル」は有名です。
沢山の気球が帯広の街の上空を、風に任せて移動する光景は圧巻です。

上空から見た十勝平野って物凄く美しいんだろうなあ。
一度のってみたいなぁ。


帯広市を流れる「札内川」
我が幕別町の水源でもあり、国土交通省が行なっている
水質検査で、平成3,5,7~9、11、14年の7回、日本
一に選ばれています。
151号に掛かっている橋が「札内清流大橋」といって、
まだ新しい橋です。
ここから見える日高山脈も、結構、眺めがいいですぞぉ~。

IMG_0696.jpg

今日は強風でもあり、クッキリと見えました。
帯広まで来ると、とても近くに見えるんです。

IMG_0697.jpg

IMG_0698.jpg




今朝は相当冷え込みました。
一昨日からストーブ点けておりますが、今朝は本当に寒かった。
この秋一番の冷え込みのようです。

外に出てみると車のガラスが今までは露だったのが、なんと
霜が降りてました。寒いわけだ。

IMG_0682.jpg

目先を十勝川に移すとこんな幻想的な光景が見れました。

IMG_0684.jpg

川面が霧状に覆われている状態ですね。

昨日の雪がこんなに綺麗に見えました。
今日の日高山脈です。

IMG_0687.jpg

十勝の冬がそこまで来ている気配がしております。



今朝のテレビの台風情報。
画面の上のテロップで数々の道路が凍結の文字。
まだ10月の9日やでぇ~。そんなん信じられへん。

で、車で帯広市街地へ・・・。
真正面に飛び込む日高の山々。
なんと山頂付近が白くなっているではありませんか。
(十勝岳も白くなっていました)

IMG_10-9.jpg

ニュースによると台風の影響と伝えていました。
北海道の開発局(北海道では国土交通省をこう呼んでいる)のHPで
石北峠や三国峠、道東から夕張方面に向う日勝峠に積雪の映像が。
おそろしや台風18号。

十勝はお蔭様で強風もなく朝を迎えました。
被害に会われた地域の皆様にはお見舞い申し上げます。


ついこの前に小麦の収穫でコンバインが動いていたというのに、
はや来年の小麦の種植えが、色んな畑で行なわれています。

北海道の小麦には秋まき小麦と春まき小麦があります。
秋まきの多くは麺用に、春まきはパン用のハルユタカなどがあります。
十勝では秋まき小麦が多く、どの畑も一直線に植えられ、熟練の域。
少し前まではトウモロコシの畑やジャガイモ畑だったのに、このように
様変わり。というのも、どの農家さん輪作をしているので、毎年、植える
作物が違うんですよ。

IMG_ichokusen1.jpg
別の畑もこの通り。

IMG_ichokusen.jpg

秋なのに緑の絨毯に変わっていきます。

今北海道は秋サケの漁獲、真っ只中です。
毎年漁獲高が減少して、今年も予想では少ないとされていました。
しかし、9月は昨年を上回るペースで漁獲量であったようです。

関西に居た頃は、「いくら」と言えば、スーパーで買おうかやめようか、
迷いながらも思い切って買い物カゴに、また、回転ずしでいくらを食べるこ
とくらいでした。
北海道では普通にスーパーで、「生筋子」が売られています。それを買っ
てきて、各々の家の味付けでいくらの醤油漬けを作ります。我が家も十勝
に来て、筋子をほぐす網も購入しました。毎年作ってますよ~。

今年は秋サケ来遊量が、前年比2、3割増と「うれしい誤算」という漁獲量。
これから生筋子の価格が下がりそうです。昨年は高かった。
家の息子二人ともいくら大好きなのですから~。
いくらを送らなくてはとカミさんが申しておりました。

近くの猿別川へお邪魔しました。

IMG_0646.jpg

ちょっと判りにくいですが、秋サケがおります。

IMG_0645.jpg

今度のお休みはスーパーへ


いつもの光景です。

IMG_0630.jpg

秋の朝日は特に綺麗です。

今日の日高山脈はサプライズ。
何が?

雲の隙間から虹が見えました。
霧状にもやがかかって、朝日がおりなす自然現象とでもいいましょうか。

IMG_0633.jpg

朝からいい気分。


今日は中秋の名月、十五夜です。
十勝晴れのいい天気です。
十勝川の土手からつきを眺めました。
辺りは明かりも無く、月の明かりだけ。

IMG_0623.jpg

都会では味わえない観月の絶好ポイントです。

IMG_0621.jpg

しばし、物思いにふけながらお月見を。
これで月見だんごがあれば言うことなしなんですが、
残念ながら今日は用意しておりませんでした。



今年もはや10月に突入しました。
今朝の寒かったこと。
最低気温は7℃だったようです。

毎朝、十勝川の川面には、うっすらと霧のようなものが
覆い被さっています。川の水温より気温が低いから?

夕方の空気が秋って感じです。
この空気、私は大好きです。夕陽に照らされた赤く輝く木々や草原、
とっても綺麗です。機会があれば写真に収めようと思います。
短い秋、これからは家庭菜園では「さつまいも」の収穫が待っています。
北海道では珍しいさつまいも。さて、どんなサツマイモが収穫できるやら。
期待と不安が混じっています。



シーニックバイウェイ(Scenic Byway)とは、景観・シーン(Scene)の形容詞シーニック(Scenic)と、わき道・より道を意味するバイウェイ(Byway)を組み合わせた言葉です。地域と行政が連携し、景観や自然環境に配慮し、地域の魅力を道でつなぎながら個性的な地域、美しい環境づくりを目指す施策です。アメリカで先行的に取り組まれている制度を参考に、北海道にあった仕組みを考えて、平成17年度より全国に先駆けて「シーニックバイウェイ北海道」として本格的にスタートしました。
平成21年5月現在、8つの指定ルートルート、4つの候補ルートあります。 (シーニックのHPより引用)

そのうちの1つが”トカプチ雄大空間 ”です。  
HPはScenic Byway HOKKAIDOです。

ここが十勝が丘展望台です。
十勝川温泉を通り抜け、ハナック公園を横切ると入り口に到着します。
ここから上り坂を駆け上がると、急に眼下が広がる場所に。

IMG_0585.jpg

ここからの眺めは日高山脈、十勝川などが見れて、綺麗ですよ。

IMG_0568.jpg

今月の25日までの日曜日には無料カフェがOPENされているようです。
残念ながらこの日は平日だったので、眺めを堪能してきました。
十勝に来られた節は、一度立ち寄ってみてはいかが?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。