上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十勝には農家さんが多いからなのか知れないが、農家さんが
自らの生産物を提供したファームレストランが沢山あります。
つい先日、中札内に新しいファームレストランが誕生しました。
さっそく出掛けてきました。

IMG_farm_nojima2.jpg

かわいい建物が畑の中に建っています。

IMG_farm_nojima1.jpg

自分の畑で収穫された野菜を使ったランチを頂きました。

IMG_farm_nojima-lunch.jpg

野島さんちのキャベツの入ったハンバーグやご自分で漬けたお漬物も
大根の入った自家製お味噌での吸い物、もちろん大豆も自家製だとか。
数種類のお豆のサラダやかぼちゃなど。
いろいろ説明してくださり、美味しくいただけました。
暖かい陽射しを浴びて、ゆっっくりとランチタイムを過ごしました。

IMG_farm_nojimaitem.jpg
それぞれの作られた野菜を生かしたファームレストランめぐりっていうのも
楽しいかも・・・。是非お試しあれ。


スポンサーサイト
フェーリエンドルフからの帰り道、中札内の道の駅には何回ともなくきております。
枝豆で有名な中札内ですが、鳥でも美味しいものがいっぱい。
中札内 若鶏「からあげ」です。

IMG_naka1.jpg

看板に誘われ・・・。

ケン○◆ーに負けない美味しさ。
ほんと「んっ絶品」です。

IMG_nakasatunai1.jpg

食べやすい大きさと、スパイシーだけどしつこくなくて(^-^)/
思わず手がでる美味しさでした。

さて、一夜明けて朝を迎えました。
朝食はレストラン「ミュンヒ・ハウゼン」で頂きました。
ここでは採れたて卵が頂けるんです。

IMG_tama001.jpg

IMG_tamago01.jpg

「おかわりはご自由にどうぞ」だって。
卵かけごはん、関西では卵ごはんと申します。
専用のおだしをかけていただくとしますか・・・。

IMG_tamago.jpg

あまりの美味しさに、ざっくりご飯と卵をおかわりしてしまいました
旅行に来ると、どうして食がすすむのでしょうか ねぇ?

この日は日本中、荒れた天気だったようで、北海道も風が凄すぎました。
カラ松がこんなに揺れるのはめったにないとスタッフの方がおっしゃっておられました。
食事中、窓の外はこんな感じでした。

IMG_kaze1.jpg

IMG_kaze2.jpg

見てるだけで驚いてしまいました。
スタッフの方が「荒天なのでお気をつけて」って。
おそらく関西弁を聞いて旅行に来たと思ったのでしょう。
今は北海道人ですゾ。って?

コーテージでの夕食、いろんなメニューが用意されていましたが
やはりここは、自ら用意した方が楽しめると夫婦で考えました。
そこで、久しぶりに「チーズフォンデュ」をすることに・・・。

食材は今年初(といっても北海道産は未だ市場に出ておりません(o;ω;o)ウゥ・・・ )
なので佐賀県産のアスパラを用意、もちろんジャガイモは十勝産越冬「とうや」を
用意しました。これまた越冬しているので、あまい

IMG_yuusyoku1.jpg

我が家はなぜか「ちくわ」を絡ませてたべるんですぅ。
穴の中にチーズが入り込み、とっても濃厚に頂けるんですよ。
ミニトマトを絡ませて

IMG_yusyoku3.jpg

IMG_danro3.jpg

暖炉の前で食べる夕食もまた格別です。
毎日こんな生活ができたらいいでしょうねぇ。

2010.03.23 優しい炎
この場所を選んだのはワンコも泊れるのはもちろんですが
一度はやってみたかった薪ストーブです。

IMG_maki-1.jpg

さあ、火をおこしましょう。

IMG_dan.jpg



IMG_danro-2.jpg

やさしい暖かさが身体を包んでくれます。
暖炉の前で炎を見ていると時間の経つのも忘れてしまいます。
時々「パチッ」とはじける音に驚きながらも・・・。



テレビの音が入ってしまいましたが雰囲気を味わってみてください。





北海道は夏が一番と思っていらっしゃる方、是非冬の北海道を一度
体験してみてください。


中札内村といえば・・・。
ここ数年前から有名な「花畑牧場」がある十勝19市町村のうちのひとつ。
日高山脈中央部を源とする清流札内川流域に広がる人口4000人あまりの村です。

ここにカラ松の森に囲まれたヨーロッパスタイルの休暇村があります。
我が家のワンコといっしょに休日を過ごそうと出掛けました。

自宅から帯広空港を経由して少しの場所にあります。
国道236の看板を右折。


IMG_f.jpg

ここから南へ暫く行くとありました。
中札内農村休暇村フェーリエンドルフ


IMG_f-1.jpg

チェックインをする市庁舎と呼ばれる建物です。

IMG_19-3-1.jpg

ここで鍵を受け取ってカラ松の森へと

IMG_f5.jpg


IMG_19-3-2.jpg

なんとまあ、風情があってよろしいんじゃございません?
さっそく中へ
2階にはベッドが沢山会って何処にしようか迷いまするぅ~。
暖炉もあって夜が楽しみです


IMG_f4.jpg

IMG_f3.jpg

部屋からの眺めもいいですね。

一泊だけのお泊りですが楽しみましょう。

続く・・・。



さて、これは何でしょうか?

IMG_onigi2.jpg

英字新聞のようなカミに包まれた物体は

電子レンジで1分間ちぃ~ん

IMG_onigi3.jpg

巷で流行っている肉巻きおにぎりの豚肉バージョンです。

十勝ミートハウス ルナ (幕別町錦町14)の豚丼肉巻きおにぎりです。
幕別産のクロブタと道産米、自家製のたれで仕上げた一品です。
1個300円也。
小原の空いたときにもってこい((美^~^味))モグモグ♪

... 続きを読む
TVで取り上げられてブームを起こしているアイテム。
先日の厚岸へ行く途中で発見

北海道限定!!
札幌名物スープカレーの名店「札幌カリーヨシミ」が、味と香りにこだわり、新感覚のカレーせんべいを作ったぁ~。

IMG_karikari2.jpg

本当にとってもスパイシーでGOOD

IMG_karikari1.jpg

北海道にお越しの際は是非ともお試しを

牡蠣がたべたぁ~いという欲望に駆られて、厚岸

自宅から釧路を経て、150数Km(4時間弱)のドライブです。
国道38号から44号へと走り、厚岸グルメパークに着いたのが12時過ぎ。

IMG_youkoso.jpg

強烈な風が吹いて、北大西洋の荒波が迎えてくれました?
それにしても凄い波でした。

IMG_nami.jpg



さて、生牡蠣もですが、牡蠣フライも食べたかったのでここで牡蠣を食しました
((美^~^味))モグモグ♪
夫婦そろって「釜飯御膳」を頂くことに。
じゃぁ~ん


IMG_gezen.jpg

gezen.jpg
この写真を見てよだれが・・・。

新鮮な牡蠣を食べて欲求に拍車が掛かったのか、生牡蠣をもう一品わー(^0^)-い

IMG_namagaki.jpg

ちなみに厚岸の牡蠣は年中頂けるそうです。

厚岸橋を渡り愛冠岬を目指しましたが冬で閉ざされてまして残念。
しかたなく、帰りに漁協の直売所によって牡蠣とあさりを買って帰りました。

アサリのバター焼きも美味しそう

IMG_gyokyou-1.jpg
omiyage.jpg






2010.03.12 旭川ラーメン
先日の旭川ネタ。
是非とも旭川ラーメンをということで・・・。

ramen1.jpg

ラーメンを頂いてきました。


もぐもぐタイムにあわせて移動。
しっかりと見てまいりました。

IMG_kuma1.jpg

愛嬌あるしぐさです。

IMG_kuma2.jpg

旭山動物園の仲間達の紹介です。

この冬のパンフレットの表紙を飾ったホッキョクギツネ

夏は岩に似た褐色、そして冬には雪と見分けがつかないぐらいの白い姿

IMG_kitsune-1.jpg

いつも見かける「北キツネ」とは違い、本当に真っ白でした。
キタキツネもそうですが、冬にはふかふかの毛並みでぬいぐるみのようです。

IMG_kitsune2.jpg

冬ならではの返信に拍手?です。

ついに行ってきました

冬の旭山動物園

もちろん、いちばんのお目当てはこれだ1,2,3!!

1.jpg

開園10時30分から散歩コースに人がだんだんと集まりだして・・・。
ペンギンたちも今か今かと?待ちわびております。

2.jpg

「これこれ、小さい君。あなたはお散歩には未だ早い
と飼育員さんに戻されてました。(一番ちっちゃな子、せっかく一番に出てきたのにねぇ~)

3.jpg

茶色い毛の子は昨年の7月に生まれた子、一番えらそうにしてました。

4.jpg

どこぞの結婚式?

3月からは午前一回の散歩です。
45分くらいかかるそうで、十分楽しめますよ。
今年ももう数日です。お早めに・・・。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。