上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今はコンバインで稲刈りと脱穀、および藁の裁断を行っているので、
昔ながらの風景に出会うことは稀になりましたね。

通勤途中の田んぼで見つけました。

121101_asamoya_kita-con.jpg

121101kita_con.jpg

地方によっては「つぼけ」、「わら塚」、「わらぐろ」ともいうらしい。
束の底を地面でたたき、立てても倒れないようにしたわらの芯に、傘のように段々に
わらを重ねていくそうだ。雨水を防ぎ、わらを長時間保存する方法のようです。

もちろん、これに使うわらの束は手刈り(機械を使わずに手で稲を刈り取る)をしなければ
いけない。わらの需要が減った昨今ではこのような光景に出会うことは珍しくなりました。

ちょっと懐かしい風景に出会ったので・・・。


ランキングに参加しています。

ポチっと応援願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johnlenno.blog93.fc2.com/tb.php/1092-460522e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。