上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところテレビで話題になっている受粉用ミツバチ激減というニュース。

原因は?
新聞やテレビによると、農薬による死滅、ミツバチに寄生するダニの大量発生。
ダニを駆除する薬が効きにくくなったこと。そして、女王蜂の2008年11月からの輸入禁止。
以上が原因のようだと伝えています。

宮崎県のマンゴー、千葉のスイカ、メロン、イチゴと生産農家はミツバチの確保に苦労して
いるようです。ミツバチが何故必要か?

果実を育てるには、花粉をオシベからメシベに受粉させる必要があります。
その為、花粉交配にミツバチは欠かせないのです。
ミツバチがいないと、人工受粉が必要となってきます。
時間と労力が必要となってくるのですね。

自然の力はすごいものです。
私達は何気に、やメロン、を食べていますが、ミツバチの働きがあってこそです。


最後に新聞は、農水省も農家への影響把握と女王蜂の輸入を検討したようである。と書かれていました。


ミツバチに応援を



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johnlenno.blog93.fc2.com/tb.php/385-9d289ae4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。