上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の間、乾燥していたシラカバは芽を出すために4月から
約一ヶ月、地中の養分や水分を吸い上げます。

この時期だけシラカバから樹液を採取することが出来ます。
今年初めて念願のシラカバの樹液を採取を試みました。
昨年、一昨年と短い期間を逃してしまい、採取できませんでした。
今年こそはと意気込んでいましたが、今朝、ついに実施することに致しました。

先日にビニールホースと木工ドリルをホームセンターで買って来てたので、
後は2リットルのペットボトルを用意しました。

IMG_0232.jpg

ドリルで地上から40cm程の位置に斜め下からほんの少しだけ、穴を開けさせて
貰いました。

IMG_0236.jpg

ホースを穴に射し込み、暫くすると・・・。
ぽたっ、ぽたっ、ぽたっ、とにじみ出るくらいの量で樹液が出てきました。
今まさにシラカバから樹液が流れる様子が画像から判ると思います。

IMG_0246.jpg

こんな感じで夕方まで置いておくことにしました。

夕方です。
量はあまり採れていませんが、500ccくらいはあるでしょうか。

IMG_0251.jpg

もう少し大地とシラカバ殻のおすそ分けを戴きます。
残念ながら、お味の方は明日までのおあづけ。

明日、コーヒーに使ってみよう。楽しみです。


ちなみに開けた穴は同じシラカバの枯れ木で塞ごうと考えています。
シラカバの栓を用意しましたよ。

IMG_koruku.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johnlenno.blog93.fc2.com/tb.php/393-10691ce5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。