上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十勝の畑には白い絨毯が現れました。

IMG_bulo.jpg

これはブロッコリーの苗を定植した後に、寒さによる乾燥や凍霜害から作物を守る
「パオパオ」と呼ばれるものを被せたものです。一見、布のように見えますが、光線
透過率は90%と作物にとっての良好な生育環境を保つ通気性の良い不織物の為、
蒸れないのだそうです。

北海道で一番のレタスの産地である幕別町にはレタスの苗を定植したあとパオパオ
を被せています。なのでいたるところでこの白い絨毯を見る事が出来ます。

それにしてもこの長い距離、人の手で行なうのはとても手間の掛かる作業でしょうね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johnlenno.blog93.fc2.com/tb.php/413-8b672eda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。