上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道に来て驚いた食べ物のひとつ、「中華まん」。
普通にスーパーで和菓子やパンの 隣に並んでいます。
本州では中華まんと言えば、小麦粉、水、塩、酵母などをこねて
発酵させた柔らかい皮で、具を包んで蒸し上げた饅頭のことで中
国で包子と呼ばれるものに相当する食べ物です。肉まんと関西で
は呼んでいます。
 さて、コレが北海道で中華まんと呼ばれているものです。
小麦粉、砂糖、卵を原料とするパンケーキ状の生地(中花種)で餡
を挟んだ菓子です。あんこはこしあんです。


IMG_chukaman.jpg

足寄にある有名な菓子店が作る本食を頂きました。
行列が出来るお店らしく、買うのが困難だとか。

IMG_takapan.jpg

うわさに違わず、しっとりとして口に入れるとすごく甘味が感じられ、
そのままで食べても相当な美味しさでした。
香りも良くてGOOD

さすが小麦王国、十勝ですな。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johnlenno.blog93.fc2.com/tb.php/440-aada2eb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。