上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十勝の畑では夏といわず、秋にかけても黄色い絨毯と化した
畑に遭遇することは珍しくない。
ただ、ひまわりの顔とゆうべき?大輪は小さく、大きく育つ前に
刈り取られてしまう。そう、ひまわりは緑肥として畑に植えられ
ているのです。
緑肥(りょくひ)とは、栽培している植物を、収穫せずにそのまま
畑にすきこみ、(植物と土を一緒にして耕し)後から栽培する作
物の肥料にすること、またはそのための植物のことです。 
ひまわりの他には、クローバーが知られています。

IMG_himawari1.jpg

IMG_himawari.jpg

この時期、収穫が終わった土色の畑や、秋まき小麦が目を出し、緑に
なった畑とのコントラストが美しい。 この畑も一瞬ですきこまれ、土いろに
なってしまうんだろうなあ。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johnlenno.blog93.fc2.com/tb.php/510-18600c40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。