上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
杉玉(すぎたま)とは、杉の葉(穂先)を集めてボール状にした造形物で坂林(さかばやし)とも呼ばれる。
日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。
「搾りを始めました」という意味である。

吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としているが、やがて枯れて茶色がかってくる。この色の変化がまた人々に、
新酒の熟成の具合を物語る。
今日では、酒屋の看板のように受け取られがちであるが、元々は酒の神様に感謝を捧げるものであったとされる。

         Wikipediaより引用

で、杉玉を作ろうというイベントに参加して来ましたョ~。

手のひらサイズに杉の葉を切っていくことから始めます。

sugidama-cut.jpg

針金で作った骨組みにカットした葉をひたすら差し込んで行きます。この時、隙間なく密集させるのが
コツのようです。完成した時に表面がいい感じになるようです。

sugidama--1.jpg

やっと一番目の枠一周に杉の葉の差込が完成。
これを繰り返して行くのですが、ひたすら葉のカットと挿入の繰り返し。
相当の根気が要ります。10時から始めたのですが、お昼も過ぎてしまいました。

sugidama-cutmae.jpg

ここから成形に入ります。パチッ、パチッ、パチッ。

sugidama-seikei.jpg

そして・・・。

sugidama-kansei.jpg

いい雰囲気ですねぇ。

ポチっと応援願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johnlenno.blog93.fc2.com/tb.php/859-be5aa53b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。