上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春に植えていた「蒟蒻芋」ですが、そろそろ葉っぱも枯れて茎が倒れてきました。
そこで、掘り返してみることに・・・。

kitakonnnyakunohappa.jpg

じゃじゃぁ~ん。

kita3nenmono.jpg

3年ものを植えたので4年目になるのかな?重量はなんと、1.7Kgもありました。

こんにゃくいもは一人前になるまで3年はかかると言われます。
まず、春に種イモを植えると新イモができ、そこから地下茎が伸び、秋には生子(きご)
というこんにゃく芋の“赤ちゃん”ができます。この生子を一度収穫し、次の春に再植付け
をしたものを1年生、これを秋に収穫したものを2年生、さらに次の春に植えて秋に収穫した
ものを3年生と呼びます。

生子(きご)が付いたこんにゃく芋です。

kitakigotuki.jpg

長く伸びたものがそうです。

生子から育った1年生がこれです。

kitahatsuki.jpg

天日で乾かし、越冬させて来春に生子、1年生、2年生を植える予定です。

ポチっと応援願います。

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johnlenno.blog93.fc2.com/tb.php/888-be548ca4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。